ダイヤモンドについて

結婚指輪にダイヤモンドをつける方も少なくありませんが、ダイヤモンドも色々あり、選ぶのも基準があります。

まず、ダイヤモンドには4Cがあります。

いわゆる「ダイヤモンドの4C」と呼ばれるものです。

ダイヤモンドの輝きを決めるCUTのC
色を決めるCOLORのC
透明度を決めるCLARITYのC
重さを決めるCARATのC
これを「ダイヤモンドの4C」と言います。
参考:ダイヤモンドの4C

まず、CUTですが、ダイヤは研磨の仕上がりによって、輝きが変ってきます。

そしてカットの仕方によっても輝きが違ってきます。

グレードは5段階あり、最高級のものから劣るものまであります。

ダイヤのカットの中には、
ラウンドブリイアントカット
オーパルシェイプ
ペアーシェイプ
マーキースシェイプ
ハートシェイプ
と呼ばれるカット法があります。

次にCOLORですが、無色透明であればあるほど良いダイヤモンドと言えます。

ランクは23段階にも分かれています。

ダイヤの中には、少し黄色がかったものもあり、透明感がないとランクは下がります。

しかし、ピンクダイヤやブルーダイヤと呼ばれるものもありこのタイプは逆に珍重されることもあります。

さらに、CLARITYですが、ダイヤに不純物が入っておらず、なおかつキズもついていなければグレードが高くなります。

肉眼で容易に見つけられるものはグレードが低いですが、拡大検査で見られる欠点は、それほど気にしなくても良いでしょう。

最後にCARATですが、1カラットは1CTで、0、2グラムです。
ダイヤモンドは大きさではなく、重さで測るのです。

もちろん、カラット数が高ければ、大粒になります。

結婚指輪で定番で人気なのは0,3カラット前後となっています。

 

数ある結婚指輪のデザインを選ぶコツ

結婚指輪はシンプルなものが好きという人がいる一方、婚約指輪ほどまでいかなくても、シンプルな中にもデザイン性のきいたタイプが好みという人もいるでしょう。

実際、多くのショップでは数多くのデザインを扱っています。

また、オーダーでデザイン画から起こしてもらった自分たちだけの結婚指輪を買い求めるカップルもいます。

一口にダイヤ入りといっても、大きさも個数もさまざまです。

男性と女性で全く違うデザインのものをペアにすることもあります。

組み合わせまで考えると、ほぼ無限にデザインがあるといっても過言ではないでしょう。

とはいえ、お店も限られたスペースにディスプレイするので、人気のある売り上げ上位のタイプを店頭に複数出していることが多いので、全く下調べをせずにお店に出向くと、定番、もしくは今人気のデザインのリングの中から選ぶということになります。

もしもデザインに好みのものがある場合は、来店予約の際に一言添えて、こういったタイプのものをこのくらいの予算で探しているということを伝えておくと、出かけて行った時にも自分の好みのものを中心に見ることができておすすめです。

男性の場合、指のサイズが大きい人もいます。

こうしたことも、あらかじめ伝えておくといいでしょう。

店員さんが気の利いた人なら、それぞれの指の形や日焼けのあるなしなどで、似合うデザインの結婚指輪選びをアドバイスしてくれます。

これといってイメージがわかないという人も、仕事柄、あまり目立つデザインは困るとか、ゴールドや色の目立つ石は苦手など、自分なりに結婚指輪のイメージを考えておくと、選びやすいです。

Comments are disabled