結婚指輪の種類

結婚指輪はデザインの他に、
「既製品」
「セミオーダー」
「フルオーダー」
などの種類分けをすることが出来ます。

まず「既製品」ですがこれは既に出来上がった状態の指輪のことです。

しかし、購入したその日に持ち帰ることはあまり出来ません。
購入後、リングの内側に刻印をしてもらったり、サイズ調整をしてもらったりすることが必要になってくるからです。

最低でも3週間かかると考えておきましょう。

結婚指輪の準備に時間がないから既製品でいいや、と思っている方、いらっしゃいませんか?
既製品でも時間がそれなりにかかりますので、やはり前もって選ばれるようにお勧めいたします。

次に、「セミオーダー」ですが、これはすでに何種類かデザインが決まってて、その中から自分の好きなものを選んで作ってもらうという方法です。

素材を選んだり、表面の仕上げの方法を選んだり、石の種類にアレンジを加えたりします。

このリングは、オリジナルティーは出したいが、イメージがあまり沸かないという方にオススメです。

ある程度のラインが出来上がっていますので、その中から自分の好きなものを選べばよいでしょう。

最後に「フルオーダー」ですが、これはデザインを一から行なうもので、自分でデザインを考え、それを形にしていきます。

もちろんプロのアドバイスもいただきながら、デザイン画に描き起こします。

この方法は注文してから届くまで2,3ヶ月かかりますので、やはり時間の余裕を持って準備を始めるようにしましょう。

 

結婚指輪は買ったその日に持ち帰ることができない

結婚指輪の既製品というのは、サンプルのような役割ですから、結局はオーダーするのと同様だと考えてもそれほど間違いではありません。

稀に指輪の既製品を問屋などから購入して、そのサイズの調節を行うという人もいるといいますが、多くの人は問屋などへのアクセスができないし、あまり現実的ではないでしょう。

どちらにせよ、結婚指輪を購入するにはある程度の時間が必要になります。

結婚式の準備は流れ作業のように、式場選びから始まってさまざまな作業に追われます。

結婚指輪も実際には、かなり早い段階から準備をしておかないといけないアイテムのひとつです。

たとえば、婚約指輪は結納までに準備しますが、結婚指輪は結婚式までに準備するのではなく、結婚式の前撮りと言われる写真撮影までに準備するのがベストです。

もちろん、式の当日には指輪の交換というパートがあり、これは省略することは難しいものです。

あまりにも早くから結婚指輪を準備してしまい、前撮りでアップで写真撮影をするには、若干大き目の傷ができてしまっていたり、少しくすんだようになってしまっているという場合には、クリーニングもかねて購入したお店に持ち込み、きれいにしてもらうことをおすすめします。

やはり、新しいピカピカの結婚指輪で指輪交換をしたいですよね。

サイズはしっかりあわせてもらったはずなのに、手指のむくみやダイエットなどでサイズ感が変わってきたというような時も、できるだけ早めにお店に相談しておくことをおすすめします。

Comments are disabled