結婚指輪のデザイン

結婚指輪は色々なデザインがあります。

まず「サイドデザイン」というものがあります。

これはアームのサイドにアクセントをつけたデザインで、横から見ると個性のある指輪になります。

例えば、ゴールドのワンポイントをつけたり、イニシャルやモチーフを刻印し、さりげなく個性をアピールすることができます。

次に「カジュアルなデザイン」の指輪です。
これはファッションリングタイプの指輪で、立体感のあるモチーフを彫刻したり、またリング一周に模様を入れたりすることが出来ます。

普段つけても浮かない、しっくりくる自然に見えるのがその特徴でしょう。

さらに「ダイヤ入りデザイン」のものもあります。

1粒の大きめのダイヤにするか、小粒のメレダイヤをデザインするかは個人の好みによって違ってくるでしょう。

しかしいずれにしても、毎日キラキラ指輪が輝くのはステキですよね。

また「メッセージ入りデザイン」の指輪は、結婚記念日やイニシャルを内側に刻印したり、また二人のリングを重ね合わせるとハートの形になるような結婚指輪もあります。

「きゃしゃなデザイン」は、細めのリングで、ウェーブをつけたりして変化をつけることもできます。

さりげないリングなので男性にも人気です。

また「幅広デザイン」がありますが、これは太めの指の方にフィットし、個性的でボリューム感のあるリングとなっています。

一見、結婚指輪っぽくないのがいいと人気です。

このように結婚指輪のデザインは様々なので、自分に似合うものを探しましょう。

 

結婚指輪の中で人気の高いデザイン

結婚指輪のダイヤモンドは婚約指輪に比較してそれほど人気がない存在だったものが、婚約指輪を省略するカップルも増える中、デザインの主流になってきています。

ソリティアと呼ばれる一粒ダイヤを中央に埋め込んだデザインや、アームをぐるっとメレダイヤが囲むようにセットされたエタニティが人気です。

この両方を組み合わせたデザインもあります。

ダイヤをアームの前半分にだけあしらったタイプは、エタニティに対してハーフエタニティと呼ばれ、こちらも手ごろな価格で人気があります。

ダイヤモンド入りの結婚指輪はダイヤモンドのグレードやリングに埋め込まれた石の数などによって、価格が上がります。

華やかなムードがあり、他の人と同じような結婚指輪とはちょっと違うリングが手に入ります。

一方で、毎日身に付ける結婚指輪に多くの石がついているということで、石がゆるくなって落ちてしまったりするアクシデントも起こります。

洋服にひっかかるという意見は多く聞きます。

石が取れてしまったらあわててしまうでしょうが、お店に持ち込めば修理してもらえますから心配することはありません。

実際お店でダイヤが埋め込まれた結婚指輪を見ると、ステキなデザインのものが多く、種類もたくさんあって目移りします。

サイズ直しが難しいエタニティは、サイズ選びを慎重にしないといけません。

ハーフエタニティはサイズ直しもしやすく、価格も手ごろなところが人気の秘密です。

指の内側にダイヤがないため、着ているものにひっかけたりすることも少ないです。

Comments are disabled