結婚指輪の相場

結婚指輪は大体幾らくらいなのでしょうか?
ずばり、二人合わせて20万円です。

その内訳は男性が9万5千円、女性が11万円です。

なぜ女性が高いのでしょうか?
それは、女性用にだけダイヤなどの宝石を散りばめた結婚指輪が多いからです。

結婚指輪の相場は年々に高くなっているのが現実だそうです。

というのは10年前は結婚指輪は二人で15万円でした。

しかし、最近ではフルオーダーにする方やセミオーダーにする方が増えてきました。
「毎日つけるものだから、こだわりのあるものにしたい」と考える方が増えてきたようです。

また貴金属価格の高騰も相場が高くなっている別の原因になっています。

結婚指輪の素材は、プラチナを選ぶ方が一番多く、次にゴールド、そしてプラチナとゴールドのコンビという順になっています。

プラチナは年々価格が高騰しています。

ですから、結婚指輪の値段も上がっていってしまうわけです。

とはいえ、これはあくまでも相場です。
20万以下のものでも十分ステキなものがあります。
こだわりが増えれば増えるほど、値段は釣り上がっていくことでしょう。

ですから、指輪を購入する前に、予算を決めておくことをお勧めいたします。

予算が決まっていれば、いざ買い物に行くときに見る範囲を狭めることができます。

見る範囲が狭まれば、選ぶ時間も短くすみます。

一番大事なのは二人の想いです。
から、それを大事にしていけば、きっと気に入った結婚指輪を見つけることが出来るでしょう。

 

結婚指輪の裏側事情

結婚指輪の裏側に刻印を入れる際に流行中なのが、小さい誕生石などを一緒に入れるデザインです。

女性はこうした隠れたちょっとしたアイディアにワクワクするものです。

しかし男性の方も、リングの内側は普段は見える場所ではないので、自分の誕生石が記念に入ったタイプのものをお揃いでオーダーすることが多いです。

ペアリングとはいえ、外観的にはかなり違う印象のものを選ぶカップルも少なくありませんが、内側を見ると結婚指輪でペアデザインになっていることがわかります。

リングの刻印はイニシャルや日付を入れるものがほとんどで、刻印を入れたことすら忘れてしまうカップルもいるでしょう。

石を入れることで、さらに結婚指輪は自分たちだけのオリジナルになるということもあります。

結婚指輪の刻印に関しては、一般的なアルファベットは無料サービスで、ひらかなやカタカナ、日本語の文章などを刻印する際には有料になるお店があります。

また、石を入れる場合は、ダイヤモンド以外の石とダイヤモンドとでは料金が若干変わってくるところもあります。

価格設定や刻印でできる文字数、文字の種類などは取扱いを行うお店によってさまざまです。

石を入れる結婚指輪は、リング自体にある程度の厚みがなければセットすることができません。

そのため、細見で加工が難しいデザインの結婚指輪もあります。

このあたりも、石を入れるサービスを行っているお店に相談した方がいいでしょう。

小さいこだわりですが、自分たちらしい結婚指輪に仕上げることができると好評です。

Comments are disabled